小咄未満。全てフィクションです
■ スポンサーサイト (--/--/--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 水底の姫君(完全版) ver1.02 (2006/12/22)

「その男の恋が、水底に月を沈めた」

◇ジャンル;童話サウンドノベル
◇対象;乙女猛烈推奨
◇内容;
暗めの童話(神話?)を、ハッピーエンドに導いてあげましょう。ED数は6個。やたらファンタジックで、しかも癖が強く、乙女向け全開。いいとこありません。AVG風外観のサウンドノベルです。

■  (2006/12/14)

「何が本当の優しい嘘だったか、私は永遠に知らなくていい」

【key words】
ファンタジー/コンプレックス/挫折/成長/恋愛/血みどろ
【あらすじ】(中編/原稿用紙100枚/完結)
劣等感100%の主人公が、ろくでなしの所へ嫁に行って成長する話。
暗くてどろどろで、血と微妙な嘘が飛び交い、ろくな話じゃありません。
【目次】
序.始まり
一.敗国
二.黒衣の王
三.鳥籠ふたつ
四.美しい女
五.赤子
六.怖れ
七.
八.
九.花束
十.裏切り
十一.優しい嘘
終.女王
【備考】
2006年度コバルトノベル大賞第三次選考通過


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。